S320/A68N(Debian10.5)

2020/8/8


S320/A68N

現サーバ(MN511aP2X4)がJessieで稼働中だが、近々、世代交代する。 ASUSのMB(S320/AM1M-A)にAPUを搭載してと思っていたが、A68N-2100E(CPUAMD E1-2150 Processor搭載済)を試すことにした。
Busterが登場して1年近く経つので、そろそろ安定して使えるだろう。と思っいた矢先にBootholeの件があった。Buster10.5でBootholte対策をした旨のニュースが流れていたので、お試しするにはちょうどいい機会だろう。


isoイメージをダウンロード

BD版(debian-ecu-10.4.0)もあるが、USBメモリからのインストールに失敗する。途中で「CD-ROMがみつからない」と言ってくる。
DVD版なら問題ない。以前はDVD3枚組を用意したが、各パッケージはネットワークからインストールので、DVD-1だけダウンロードする。
wget https://cdimage.debian.org/debian-cd/current/amd64/iso-dvd/debian-10.5.0-amd64-DVD-1.iso
cat debian-10.5.0-amd64-DVD-1.iso > /dev/sdx
sync

インストール

デスクトップ環境にxfceを使用する。
以前、xfceだけだと表示に問題が発生したが、今回は問題ないようだ。Gnomeはインストールしていない。
Realtek RTL8111Hを搭載しているが、やっぱりRTL8168/8169問題に発生している。
# dmesg |grep 816 ;#r8168,r8169が表示されたら注意
[    1.040711] pci 0000:01:00.0: [10ec:8168] type 00 class 0x020000
[    4.228161] tsc: Refined TSC clocksource calibration: 1048.034 MHz
[    6.138606] libphy: r8169: probed
[    6.139204] r8169 0000:01:00.0 eth0: RTL8168h/8111h, f4:b5:20:1e:db:b2, XID 54100800, IRQ 27
[    6.139210] r8169 0000:01:00.0 eth0: jumbo features [frames: 9200 bytes, tx checksumming: ko]
[    6.328206] r8169 0000:01:00.0 enp1s0: renamed from eth0
[   11.510654] r8169 0000:01:00.0: firmware: failed to load rtl_nic/rtl8168h-2.fw (-2)
[   11.510662] r8169 0000:01:00.0: Direct firmware load for rtl_nic/rtl8168h-2.fw failed with error -2
[   11.510673] r8169 0000:01:00.0 enp1s0: unable to load firmware patch rtl_nic/rtl8168h-2.fw (-2)
[   11.510996] Generic PHY r8169-100:00: attached PHY driver [Generic PHY] (mii_bus:phy_addr=r8169-100:00, irq=IGNORE)
[   11.622991] r8169 0000:01:00.0 enp1s0: Link is Down
[   14.628418] r8169 0000:01:00.0 enp1s0: Link is Up - 1Gbps/Full - flow control rx/tx

# lspci|grep 816 ;#RTL8168が表示されたらドキドキ
01:00.0 Ethernet controller: Realtek Semiconductor Co., Ltd. RTL8111/8168/8411 PCI Express Gigabit Ethernet Controller (rev 15)

# lsmod |grep 816 ;#r8169が表示されたらアウト
r8169                  90112  0
libphy                 77824  3 r8169,realtek


/etc/apt/sources.listを修正
#cat /etc/apt/sources.list
#non-freeを追記
deb http://deb.debian.org/debian/ buster main  non-free
deb-src http://deb.debian.org/debian/ buster main contrib non-free
#apt -y install firmware-realtek r8168-dkms
apt -y install firmware-realtek; #r8168-dkmsをインストールするとNICを見失うことがある
rmmod r8169 ;nmcli c up enp1s0 ;#NICが停止します。停止したNICをアクティブにする
reboot ;再起動して正しいドライバを読むことを確認

時刻設定

apt -y install chrony
systemctl start chronyd;systemcrl status chronyd
chronyc source; sleep 10;chronyc source;
設定(/etc/chrony/chrony.conf)はそのままでもよいが、NTPサーバを指定することもできる。
#pool 2.debian.pool.ntp.org iburst
server 177.177.177.177 iburst
server ntp.tohoku.ac.jp iburst
server 133.243.238.242 iburst
server 133.243.238.243 iburst
server 133.243.238.244 iburst

chromiumをインストール

chromiumを使いたい。
apt-cache search chromium
apt install -y chromium-l10n


sshd

ポート番号を変更する。デフォルトのままでもよいが、他のマシンは変更済なので、統一する。
他マシンへアクセスする時にポート番号のことを忘れがちなので、.bashrcにaliasを追加する。 CentOS8ではfirewall-cmdで解放ポートを指定した。ufwをインストールした後、これらは設定する。
#/etc/ssh/sshd_configを修正
sed -e 's/#Port 22/Port 2222/' -i /etc/ssh/sshd_config
sed -e 's/#PermitRootLogin prohibit-password/PermitRootLogin no/' -i /etc/ssh/sshd_config
echo "alias ssh='ssh -p 2222'">> ~/.bashrc
echo "alias sftp='sftp -P 2222'">> ~/.bashrc
echo "alias scp='scp -P 2222'">> ~/.bashrc


いろいろ設定

sshで接続できるようになったので、リモートからいろいろ設定する。
apt -y install tree eog dnsutils evince openssh-client
apt -y install fonts-ipaexfont fonts-ipaexfont-gothic fonts-ipaexfont-mincho fonts-ipamj-mincho
apt -y remove telenet nano


アプリケーションメニュー

アプリケーションメニューで「プログラムの実行・・・」アイコンが表示されない。 全ユーザに共通の問題なので、/usr/share/applications/以下で修正すべきかもしれない。
mkdir -p ~/.local/share/applications
sed -e 's/gtk-execute/exec/' /usr/share/applications/xfce4-run.desktop > ~/.local/share/applications/xfce4-run.desktop

参考
Debian Linux インストールイメージ
https://cdimage.debian.org/mirror/cdimage/release/current/